結婚のタイミングはいつ?

就職していつ頃になってから結婚するかについて看護師には一定の傾向がある。
就職した直後から2、3年程度の間に結婚する人がいる一方で、仕事を続けて30代になった頃になってしまう晩婚の人もいる。
この二つのどちらかのパターンになりやすいのが傾向となっているのが特徴だろう。
看護師の職場では出会いの機会があまりないというのはよく知られている。
そのことを予め知っていて、仕事を始めてしまったら出会いはないだろうと考えて就職前にパートナーを探している周到な人は多い。
夫婦で生活をすることを前提にして就職先を決めておき、就職したら同居生活を始めるというパターンはしばしばある。
また、就職してから2、3年の間は忙しいということがわかっているので、その期間を過ぎて一人前に働けるようになってから同居を始めるというパターンも多くなっている。
一方、そのような準備をしておかなかった人の場合には仕事に集中しすぎてしまい、気づいたら婚期を逃していたということが意外に多いのである。
その結果として30代になってしまい、慌ててパートナーを探し始めて晩婚になるというパターンになっている。
いずれにしても最終的にはパートナーを見つけて夫婦で生活しているのがほとんどなのも看護師の特徴だろう。
しかし、そのタイミングは大きく分けると二つに分類されるようになっている。
就職してすぐの期間に結婚する準備をしているかどうかが分かれ目になっているのである。