メリットのある看護師の結婚の考え方

看護師にとって結婚はよく考えてから行わなければならないものであり、それ以前と同様に働けると考えない方が無難である。
メリットもデメリットもあるが、ずっと働いていくためにメリットになるようにするにはパートナーをよく吟味して選ばなければならないだろう。
もし結婚生活を始めたことによって家庭生活での仕事が増えてしまったら、働き続けていくにはデメリットになる可能性が高い。
少しでも家事の負担を減らせるようにすることが大切であり、パートナー選びの時点から念頭に置いておく必要がある。
家事に対して協力的で分担できるなら、一人暮らしをしているのに比べると家事の負担は減りやすい。
生活リズムが合っているとメリットは大きいが、もし互いの仕事の都合で生活リズムを合わせられないのなら、それでも一緒に過ごすことに了解が得られるパートナーを選ぶのが重要になる。
一方、子供が生まれてからは育児も問題になりがちであり、十分に自分だけが時間を割かなければならないという形にはならないようにするのが良いだろう。
育児に対しても協力的でできる範囲のことをする意識のあるパートナーを選んでおけば、育児と看護師の仕事も両立できる。
結婚すると働けないというのはパートナーに理解がないためであることが多い。
看護師としてずっと働くことを心に決めたなら、家事や育児に対して協力的で自分が働くことをサポートしてくれるパートナーを探すようにするのが必須である。